読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dareyorimonetai

誰よりも寝たい

人のテンションは非常にコントローラブルだなって思う。

自分のテンションを丁度よく持っていくこと。

 
その状況にあった、程よいテンションで。
 
日々のテンションコントロールってすごい大事だなと思う。
 
 
よくスポーツ選手とか、格闘家の試合前の状況を見たりすると、試合に向けて集中力を高めていっています、、みたいな話があるじゃない。
 
これだけ聴くと全然違和感ない。あー、やっぱスポーツ選手とかはそうだよね、テンションコントロールしていくのが大事だよねってなる。
 
でもこれって、テンションコントロールって、普段から重要だと思いませんか。
 
その日1日を振り返って、あー今日は楽しかったなー!って、そう思えた日は、1日楽しかった日ですよね。
 
つまり、1日中いいテンションでいられたってこと。(それか終わりよければ全て良しのパターンかもしれないけど)
 
1日中いいテンションでいられたのには、きっと原因があるはず。ずっと仲良いこと楽しく遊んでたとか。翌日も休みだから開放的な気分でリラックスできた、とか。
 
その因果関係をひっくり返すとどうなるのか。今日の論点はそこな訳です。
 
ポジティブシンキングとはなにか。
 
学術的な定義は知らないけど、要は「ポジティブなことなんて何一つ起こってないとしても、自分の中で起こったことにして人生楽しんでいる脳内ポイズン野郎」な訳です。
 
そして最終的には、それが正解な訳です。
 
人生には真実なんてない。必ず自分というフィルターを通して物事を見ているわけだから、自分というフィルターを楽しく見えちゃうフィルターにしてしまえば、人生楽しくなるわけです。
 
考え方次第だと。
 
ただこの考え方だって、勝手に「ポジティブシンキングしよう!うおー!」ってやって、ポジティブシンキングになれるようなら鬱病の人なんていないし。自殺する人もいないだろうし、心療内科も流行らないはず。
 
でも誰だって、いきなりそんな思想を自力で捻じ曲げることは難しい。
 
だから他力のセミナーだったり、自己啓発系の本だったり、アムウェイとかに頼るわけです。
 
でもその対抗策、というか、対策として、最初の話題のテンションをコントロールするに繋がってくるわけです。
 
嫌なことが起こった時に、そこから強引にポジティブにねじ曲げようとするとうまくいかない。
 
自己暗示をかけてポジティブになろうとしても、そんな自分を自分が信じることができないから、うまく暗示にかからない。
 
自己暗示は信じることから始まりますからね。
 
だから、自己暗示にかかりやすいようにしておく必要があります。
 
これがテンションコントロール
 
簡単にいうと、普段から楽しいことを考えるようにしようぜってこと。
 
普段から楽しい!と感じるようにすること。そのための努力をすること。というか工夫をすること。
 
例えば自分へのご褒美とか。
 
自分のテンションを下げることをなるべくやらないようにすることが大切。
 
僕でいうと、、、まず営業が苦手。というか嫌い。
 
だから、営業が必要なときは、情報詰め込んで、喋りたくて仕方ないぐらいの状態でいくこと。
 
なるべく楽しめるような状況を作ってあげること。
 
あとは、徹夜で作業する感覚がすごく嫌いなんですけど、徹夜しなくて済むように、なるべく日中に終わらせること(当たり前?)
 
なるべくらそういう、自分のテンションが著しく下がりうる状況を避けること。
 
そのための工夫をすることが大切。
 
自分をコントロールすることが大事。
 
苦労はお金払ってでもしろっていう発言とかもあるけど。
 
苦しまなくて済むなら苦しまないほうがいい。
 
どうせ同じことをするならなるべく苦しまないで終わったほうがいい。
 
あのとき苦労しててよかったって話はよく聞くけど、あのとき苦労してればよかったっていう話は聞かないでしょ。
 
苦労しててよかったっていうのは、そうでも言わないと過去の自分が救われないから。
 
だから言ってるだけ。
 
苦労なんてのはしないほうがいい。
 
もちろん楽な方楽な方に進めって言ってるわけではなくて、どうせ同じ道を通るなら、楽しめた方がいいんじゃないのって話。
 
そのためにはテンションコントロール
 
マインドコントロールを普段から意識することが重要です。
 
って自分に言い聞かせて寝るとするか。
 
ではまた。