読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dareyorimonetai

誰よりも寝たい

新しい価値観に打ち震える夜になった花金は、ナンパ師の話で心まで揺さぶる。

新しい人に会うと、新しい価値観が入ってきて、普段の生活や自分だけでは決してたどり着かなかったであろう世界を見ることができるから、結局コスパよく楽しめるのではないか。本とか、物語でも新しい世界は観れると思うし、そうやって考えて本も読むようにしてきたけど、やっぱり手に取る本っていうのは基本的に自分が想像できた、イメージできた本であることが多くて、意識の外から飛んできた本とかっていうのは、めったに読むことがないわけで。(誰かが勧めてくれた本を読んでみるっていうのはまた別かもしれないけどね、でも勧められた本を読もうって思うぐらいの人って、すでに自分の意識の外ではない気がするね。)

 

どうも誰よりも寝たい人です。

 

今日は花金ということで、フットサルで知り合った1つ年上の先輩に飲みに誘ってもらった。先週ぐらいから事前に飲もうぜって言われていたので、なんとか早く上がれるように自分なりに仕事は段取りつけて、ここまで終わらせておけば大丈夫だろうって思っていた。あわよくばシレッと帰ってしまえば大丈夫だろうと。

 

しかし人生は山あり谷ありである。ちょいちょい怒られるポイントが週に二回ぐらい来るんだけど、最悪のポイントで進捗をたしなめるチャットがslackで送られてきて、なんと間の悪いことに、自分から今日は早く退社するつもりなので、来週あたりでいかがでしょうか、、、って送ってしまい。。。見事に怒られました。遅いんだよなーって。やる気あんのかなーって。

 

いや、本当に。怒られてる時はやっぱりイラッとするし、なんでだよ、俺悪くねえよって思うんだけど。冷静に考えてみると、そりゃそうだよなー怒るよなー俺が悪いなーって思う(いっつもそうだけど)

 

でも今回良かったなって思う点は、事務所で気まずい雰囲気の中やるの嫌だったから、自分から社長に話しかけたこと。「遅くてすいません、さっきの話ってこういうことですかね、、?」みたいな感じで。そしたら向こうも、真正面から怒鳴りつけたいわけではないし、怒りたくて怒ってるわけでもないから、「いや、それもそうなんだけど、俺が言いたかったのは、、」って感じで、怒りを押し殺した感じで説明してくれて。(怒りを押し殺しているのは声のトーン、仕草、目でヒシヒシと伝わってきました。。。)

 

そうなると、「わかりました。(次から気をつけます)」みたいな感じになって、お互いサクッと次の仕事に集中できたかなと思って。それが今回はせめてもの救いでしたね。

 

だいたい僕は何で怒られてるのか、わかってないことが多い。そんで説明されたら、あーそういうことで怒ってたのかーってなることが多い。だから、わかるように努力することと、わからなかったらなぜ怒られてるのか聞いた方がいいね。わからないことをわからないままにしているのが一番最悪だと思うから。それは本当にこれからも気をつけていこうと思う。

 

んで、「関係は見事に回復した!」って勝手に判断して、予定どおり「お先に失礼します」って言って飲みに行きました。(爆)

 

社長はどう思ったんだろうな。。明日からまた頑張ろっと。

 

 

そんで横浜の沖縄料理屋でサシ飲み。なんせ自分が今沖縄料理にはまっておりまして。

(一年ぐらい前から言ってる。計4回ぐらいしかいってない。)

 

その人とはフットサルで知り合ってから、何回かスポーツして遊んだことはあったんですが、ご飯に行くのも、飲みに行くのも、ましてやサシで会うのも初めて。印象はまあ普通の人って感じだったから、内容にはそんなに期待せずに(失礼)行ったんですけど、結果的には非常に楽しく、勉強になった夜となりました。

 

 

前半は当たり障りのない話をして、生いたちだったり、仕事だったり、趣味の話とかをして、最後の方にナンパの話になったんですね。その話がすごかった。その前の趣味の話の時点で、結構変わってるなってなってたんですよ。盆踊りに一人で行って本気で踊って帰るとか、、、家に3つキャンプセットがあって(なぜ)それを持って一人で3日ぐらいかけて川沿いを上流に向かって歩いていく、とか。「ファ!?」ってなる話がドンドン出てきまして。そんで最後にナンパの話になるわけです。

 

これは別にチャラいとかそういう話ではなくて、ナンパのそもそもの捉え方の話。本人曰く、性欲とかそういうことではなくて、トレーニングのために行っているんだと。将来モテるようにトークを磨いたり、まず話しかけるっていうトレーニングのために行っているんだと。

 

 

そういう話ってたまに聞くじゃないですか。営業はナンパと一緒だ、とか。「営業できるようになりたいなら、ナンパしてみればいい(笑)」みたいな。でもそれを本当に心のそこから、そのためだけにやってる人って、本当にいるんだなって。(もちろん結果的にかわいい子と何かできるならやるだろうけどさ)

 

その前の話で、自分と似てるところもたくさんあるなって思ってたんですけど、ナンパに移す行動力というか、そこまでの、最後のところの発想が全然違うなと。衝撃を受けました。

 

特に、僕からの「どうやって話しかけるんですか?」っていう質問に対して、「んー、、どうだったかな、、覚えてないなー、話しかけることだけ決めているから」という発言は心に刺さりました。刺さりましたよ、心に。ええ。

 

まさに。まさにこれだと。俺に足りないのはこれだと。理論で武装して、どうしたらいいか、どうやったら自分の理想に近づけるか、いろいろ考えて、理論付けまで済ませて、最終的に行動に移せない自分との違いはココだなと。

 

いい意味でバカになるんですよね。最後の最後はもう考えない。あれこれ細かいことは考えない。やることだけ決めて、それをやるだけ。やってる時に全力を尽くせばいいわけで、やる前にやってる間どうやって全力を尽くすかなんて、考えなくていい。これがまさに真理だと思います。

 

 

仕事でもなんでもそうだよね。最後はやっぱりやるかやらないかだけ。違いが出るのはそこだけ。最後の最後にいかに自分をその環境に放り込めるか。それが一番大事で、それが一番差がつくところなんだなって、改めて実感いたしました。

 

すごく勉強になった。新しい世界の扉が見えた気がした。そして来週の頭に一緒にナンパするところについていくことにしました。新しい扉を開けてこようと思います。

 

 

幸運を祈っておいてくれ。ちなみに明日はお台場にチームラボを見に行ってきます。(仕事しろや)ちょっとレポっぽくできるように、写真撮ってこようと思います。

 

そんな感じでまた明日!