読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dareyorimonetai

誰よりも寝たい

人生楽しまなくっちゃ!ちょろいぜって、気持ち、忘れないでいこうぜ。

この前ツイッターで流れてきた奴で、子どもの頃の自分からの手紙が届くっていうのがあって。

結論から言うと、子どもの頃はデザイナーになりたくて、毎日楽しんでいるキラキラした大人になりたいなって、そんな思いを込めて、頑張ってますか?仕事は楽しいですか?好きな人はできましたか?って、そんなメッセージを送るんだけど、受け取っている大人の私は、他と同じようなスーツを着て、髪を真っ黒にして後ろでしばって、毎日が楽しくなくて、仕事では毎日怒られて、一体何のために生きてるんだろうってなって、自分をごまかしごまかし生きていますっていう返信をするという。。。

非常にブラックな気持ちになる内容でしたw

子どもの頃から、両親の姿を見て、一体何のために生きてるんだろうって思ってたけど、実際今の自分を子どもの時の自分が見たら、お前今楽しい?何のために生きてんの?ってなるだろうな。

人生で成し遂げなくてはいけないことって実はなくて、楽しんだもん勝ちだと思う。将来のためにっていう考え方は大事だし、まったく必要ないってわけではないけど、今は今しかないし、今日はもう今日しかないし。

スティーブジョブスが言ったこと言葉で、毎朝鏡に向かって、今日やる予定のことは本当に自分がやりたいことだろうかって問いかけて、三日NOだったら何か変えたほうがいいっていうような、そんな言葉だった気がするんだけど。

これ聞くと普通の会社員は、いやいや、三日連続でNOとか普通でしょ、たまにやりがいだったり、楽しさだったりをふわっと感じるものだよ!って。そう思うと思うんだけど、実際問題子どもの頃の気持ちに戻って、しがらみとか、常識とか、一般論とか全部取り払って、考えてみると、毎日やりたくないことして、そんで稼いだ金でやりたくないことを頑張るためのストレス発散のためにお金を使うって、異常だよな。普通に考えてみると、結構おかしいことしてる。

子どもの時、自分の父親を見て、なんでこんなに毎日朝早く出て、仕事して(しかも仕事はそんなに面白いものではないらしい)特に遊びにも寄らずに帰ってきて、発泡酒(ビールではない、ビールは発泡酒より高いから)を飲みながらCDで音楽聞いてるの見てて、一体全体この人は何のために生きてるんだろうと。どうして他人である僕ら子供のために、そこまで頑張れるんだろうって思っていた。

そもそも子供を育てるのは素晴らしいって、いやそれは確かにそうかもしれないけど、幸せではない人間から生まれてきた子供が幸せになる方法を探し出すのって、幸せな人生を送っている大人のそばで育った子供よりも100倍くらい大変だと思うんだよね。

だから幸せではないのに、子供を産んで、自殺したら変な噂とか立っちゃう死ねない縛りで、人生を生きなくてはならない枷をはめていくっていうのは、どうなのって思っちゃうんだよね。

それに、人生の幸せを子供に見いだすっていうのも、子供にとっちゃ知ったこっちゃねえよって感じだろうし。はた迷惑な話でもあるし。

まあでも人それぞれ自由に生きるべきだから、そこはそれでもいい気はしてきたがw

とにかくなんで生きてんだろうって、そう思われる程度の人生はやっぱりつまらないよね。小さな幸せを感じて生きて行くのでもいいんだけど、単純に、1日の終わりに今日も楽しかったなって。そう思えないと、積み重ね的に言うと、生きてる意味なくないですかってなっちゃう。

今のところで言うと、何もかも失ったら親のところに逃げ帰ってまた一からやり直せばいいし、親も死んでて元気ないよって話であれば、富士の樹海かどっかで死んじゃえばいいし。

死ぬって別に怖くないよね、寝てそのまま起きないだけだから、他人の気持ちとか別に関係ないし、自分が死んで悲しむ人がいるなら、明日からその人のために生きたらいいんじゃないかな。

生きるって考えることが多すぎてしんどいよな。

とりあえず毎日を全力で楽しんで、朝起きるのがワクワクするような、そんな人生にしたい。

旅行中、二泊三日の日の二日目の朝、今日は丸一日遊ぶぞー!みたいな日。毎日がそんな日になったら、最高に楽しい人生になると思わないか?

周りに気を使いすぎず、あいつ空気読めないよねってなっても別にいいじゃないか。もっともっと全力で楽しもうぜ。生きてることをもっと最高に楽しもうぜ。

新しい人との出会いをもっと楽しもうぜ。

困難にぶち当たったら、俺ならこれぐらい余裕だぜって。余裕のよっちゃんでやっちゃうぜ、ちょろいぜって。

そんな気持ちでやっていこうよ。怒られてもラッキーぐらいでいこうぜ。常に全力前のめりで、両手ぐるぐる回しながら、大声で叫び回りながら、楽しいことに全速前進しようぜ。