読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dareyorimonetai

誰よりも寝たい

とにかく毎日書くことが大事ってみんな言ってた。

とにかく毎日書くことが大切だ。継続は力なりって言ってた人もいた。継続させることだけで価値を表現したっていい。というかしてる人いっぱいいるし、むしろ評価システムの中枢にいるんじゃないかって思えてきた。
 
まず歴っていうのがもうそうだもんな。〜歴っていうのが、強力な評価基準になっているから、続けることの価値の高さっていうのは、結構異常だと言えるかもしれない。
 
そこで続けること。これは量と置き換えることもできる。量っていう借りも評価基準にも入る存在だしね。とにかくたくさんあることはいいこと、またはあまりに少なくてもそれだけで価値になったりする。
 
そしてこの暦と量、もっと簡単に言うと、時間と量の問題なんだよね。きっと。いかに時間を今までかけて、それでいて短時間でこれだけの量を!っていうことなんだよ。
 
だから何事も、続けてみることって大事なんだよ。そしてそれも圧倒的に突き抜けていなきゃだめ。だいたいものごとって、指数関数的に伸びていくじゃん?だからみんなちょろちょろしたところで飽きてやめちゃうんだよね。もうちょっと先に行ったら指数関数的に伸びていくのに。一回伸び始めたらもうドンドン伸び率も上がってきて最高に楽しくなってくるんだよ。なんたって、指数関数的に伸びていくからね。
 
だから、書くことを続けるとか言っても、毎日1記事書くぞ!とか言ってても進まないんだよね。まずその程度だと結果が出ないから、単純に面白くなってくるまでに時間がかかってしまう。だからまず結果が出るまでスタートダッシュ決めて、そんで結果がでる→嬉しい→もうちょっとやってみる→結果がでる→嬉しい→完全にはまっている→結果がでる→嬉しい→オタクになってきた→結果がでる→嬉しい→それが仕事になる→結果がでる→嬉しい→人生最幸!となると。
 
だからそれがブログを書くことに限っていうと、毎日書くのは当たり前として、1日何記事書くのかってことだよね。常人なら1日2記事書いたら超がんばってるって感じだよね。イカれた奴らは1日4記事とか平気で書いてくるよね。平気ではないか。
 
この前読んだ記事で、プロ小説家の一辺?名前忘れちゃったけど、デビューするぞって決めてから、実際に受賞するまでに、1年半ぐらいで短編長編合わせて12冊ぐらい書いてたんだって。やばくね?ほぼ3か月で2冊出てくるって。
 
そんでそれをブログ記事に概算すると、1日1.2万文字らしい。それだけ毎日書き続けることができたら、デビューできるよと。
 
すごいなあ。やっぱり継続は戦略的にやる必要があると思うけど、最後にモノを言うのは、メンタル、気合と根性だよね。
 
とにかく毎日4記事あげられれば、一年かからず結果がではじめると思う。どうやってマネタイズするべきなのかはよくわからないけど。そんだけ書くのであればタイプとかも別れてきそうだな。
 
・ブログのブログ
・ブログの映画・漫画・本
・面白-medium
・プログラミング系
楽天トラベル/じゃらん
・ドローン
・技術系
 
 
なんかこんな感じで分けていった方がいいのかなって思ったけど、やっぱりだるすぎるからやめよう。500%続かない。そもそもワードプレス導入したら終わる。こんなん絶対仕事でしか触りたくない。
 
だからやっぱりこのブログに思いついたこと全部書いていくしかない。あとは地道にいろんな人のことフォローしに行くか、ツイッターからも人を引っ張ってこれるように、話かけていくかって感じだね。ブログもまあ記事容量より、記事数が大事って話もあるから、まずは記事数を意識していくことと、そっから量を増やしていくってイメージかな。
 
むしろ小説書いたろか。毎日ちょっとづつでも進む小説書いたろか。訂正できない緊張感えぐそうやけどな。
 
でもそれちょっと面白いかもしれない。「できんのかてめえ」って声はしっかりとスルーして、やるかやらないかってことだから、大事なのは。
 
とりあえず1日4記事書くと。ちゃんと全部面白くなってきたら、ちゃんと読んでもらえるようになってくるでしょって感じだよね。まずは今自分にできる最高の文章で、毎日4記事を書く。一記事30分程度でかけるようになれば、2時間ぐらいで終わることになるし。最初はそうもいかないだろうけど。
 
そして嫌いな文章は書かない。自分が書いててワクワクするようなことを書かないと意味がない。書く事を楽しまなきゃいけないから、結果が出て楽しいから、興味ない文章でも数値を取るために書くとかっていうのは全然ありだと思うしね。
 
だって結果楽しいんだったらいいと思うんだよね。ネタ系の記事も書きたいし、ブログも書きたいし、気になったニュースに物申す感じもやりたいし、映画や漫画、本の批評はしたいし、最終的にそれが有料メルマガになって完成って感じかな。ラインで全部読めるようにしてほしいよね。って今思ったわ。すごいなあ、もうブラウザというか、ネットの画面を開くことがないよね。普通の人サファリとかあんまり開かないもんね。siriとか、ツイッターとか、何かしらアプリを通すようになってるもんね。そう考えるとやばいな。ブラウザなくなるって訳ないっしょって思ってたけど、これもうなくなりかけてるじゃん。となるとグーグルも自動運転車とか他の産業に力入れまくってるのはそういうことか、決して余裕雨の安泰と思ってないってことだ。だってアップルの価値がこんなにも早く下がり始めるとは、誰も思わなかったんじゃないか。だって去年ぐらいだよね、アップルの株が最も優良株だって言われてたの。それが7発売して、売上が初めて前年度より下がって、新しいサプライズもないし、どんどんアイフォンが厳しくなってくる、プラスもうMacBookとかも趣味の世界になってくる。
 
高城剛スマホに簡易キーボードを持ち歩いているのをつないでそれで文章を打ってる。そのレベルなんだなあ。
 
なんかよくわかんないけど、1日4記事アップすることだけを考えてやっていこうと思います。
 
そしてとりあえずの目標である(今適当に決めます)一ヶ月一万PV、翌月三万PV、そしてその翌月に十万PVを達成したいと思います。よくわかんないけど、100万pvあったら10万ぐらい稼げるそうなので(すごく適当です)30×4で120記事、1万pvのためには、1日330アクセスを集める必要があるので、1日4記事だから、人記事82アクセスぐらい集めればいけるってことですね。そういえば昔のブログで下ネタの記事を書いた時に、それがずっと1日100記事ぐらい引っ張ってきていたなあ。それが4記事あったら達成するのか、なんかちょろいな。とりあえずアクセス狙う記事では、明確にキーワード狙って行って、多少読ませる記事であれば、とりあえずはアクセスは集められるでしょう。
 
ただやっぱ基本のところで、しっかり読んでもらってリピーターになってもらわなきゃいけないからね。そこだけを意識してやって行こう。量がクソみたいに大事だけど、もちろん質も上げて行こうぜっていう感じ?よくわかんないけど。でも1日の
アクセスが100人とかになってくると、超テンション上がってくるんだろうな。むしろ20人とかでもテンション上がるけど。。。
 
自分の結果を出すために、リアクションを集める方法とかも考えておかないとな。。。
 
とりあえず今日はこんな感じでどうでしょうか。今日は残り、昨日見た映画の話と、、、、電通の話と、、、今日この後飲みに行くからその感想文とか。反省会分書いてもいいかもしれない。割と自分はウケたネタとか、あそこでもっと、、、とかって反省しているタイプだからねw
 
ただそれだと笑いメインになってしまうな、、
 
とりあえず今日の日常編方はここまでにします。とりあえず飲みに行っていきます! (3160字)