読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dareyorimonetai

誰よりも寝たい

Amazonが凄すぎてエンジニアになるしかない。

ただのブログ

プログラミングは楽しい。出来ると楽しいけど出来ないと楽しくない。だから楽しくやる方法はサッサとある程度のレベルまで出来るようになってしまうことだ。

 

誰もよりも寝たい人です。

 

プログラミングこそ未来である。

 

いまの世の中はネット全盛で、連日ネット系のニュースが世間を騒がし、いろんなデバイスがドンドン発売され、日々新しいサービスが生まれている。

 

まさに激変のネット社会の中を、我々は生きている。世間をあっと言わせるのは、今や車や家電ではない。車なら自動運転、家電ならLol(なんか違うな)新しいのはハードではなく、そこに入っているソフトである。

 

もちろんハードも日々新しいものが出て、ドンドン進化しているが、ソフトの進化のスピードは比じゃない。なんせ物理的な制約がない、事務所でカタカタPCをいじってるエンジニアが、事務所から一歩も出ずに新しいサービスをローンチする。

 

FacebookAmazonなど、今最もイケイケな企業は文句なくインターネットの会社である。彼らは膨大な数のエンジニアを抱え、そしていまこの瞬間も優秀なエンジニアの獲得に全力を注いでいる。

 

将来が不安ならエンジニアを目指すべきだろう。プログラミング言語が出来れば、路頭に迷うことはない。会話としての言語の壁もまったく問題ない。プログラミング言語が出来れば、仕事はこの先20年はなくならないだろう。

 

たった20年かよ!ってイメージを持つこともあるだろうが、20年続く保証のある仕事がどれだけあるだろうか。

 

最近のニュースで、AmazonAmazon Goなる「レジのない店」を実店舗で試験的に開始している。レジが自動、なのではない。レジ自体がないのだ。

 

レジが無人というのは、日本でもすでにGUなのが取り入れているし、つい最近にはローソンも導入を始める予定ということで、当たり前になりつつある。(大手コンビニなどが取り入れれば、ICタグの需要も大きくなり、結果コストが安くなり普及が加速するのだ。)

 

しかしレジがないというのは、やはり革命的だし、みんながいずれ行くだろうなと思ってても、ここまで一気に導入まで進めてしまうAmazonのすごさたるや。ネットの界隈ではない人たちにとっては、Amazonビデオやプライムが便利な一企業というイメージかもしれないが、5年後、この会社なくしては生活できないようになっているだろう。

 

それぐらいすごい会社、Amazon。じゃあAmazonってなんの会社ですかって言われたら、小売だったりサーバーだったり、実店舗だったり、音楽配信だったり、いろいろあるけど、結局はネット会社であり、インフラであり、エンジニアの会社である。

 

全てのサービスがエンジニアによって生み出される世の中になってきているのだ。エンジニアなしでは企業が存在しない、そんな世の中に確実になってきている。

 

エンジニアでなければ人にあらず。というのはFacebookの有名な言葉であるが、そこまできているのだ。

 

エンジニアにならない道を選ぶ人は、エンジニアに一生サービスを作ってもらう側にしかなれない。サービスを本気で作ろうとしたら、エンジニアありきになっているのだ。

 

だからエンジニアになろう。プログラミング勉強しよう。さっさとてぎるようになって、もっともっと人生楽しもう。

 

現場からは以上です。

(1411文字written by phone)