読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dareyorimonetai

誰よりも寝たい

一応言い訳みたいになるけど決めたことをここに書いておくと思って書きはじめたけどいつも通り結論変わった。

これは報告っていうわけでもないんですが、昨日書いたことを早速訂正しようとしている自分がいて、どうせならその感情の移り変わりさえも、ブログにして残してしまおうという試みでこの文章を書きはじめている。

 

普通人に好感を持って、役に立ったと思ってもらえるような記事を書くためには、最初に結論までしっかり決めて、構成を考えながら書いていくのが大事とよく言われる。確かにそうんだろう、きっと。自分でも書いてて思うけど、最初と意見変わりすぎだし、話題変わりすぎだし、そもそも支離滅裂すぎて何が言いたいのかさっぱりわからない文章になっていることが多いからだ。(そもそも何か言いたいことがあるのか)

 

しかそういうことで、毎日のブログをそうやって秩序立てて書こうとすると、構成の時間が必要なってくる。そうすると、自分がなんでも時間をかけてじっくりやるのが好きなタイプなので、構成の時間が取られることになる。

 

そして尋常じゃないぐらい飽き性なので、構成している時点でもうその文章のことは興味なくなっていることが多い。構成終わったらもうその案件興味ない、みたいなw

 

だから自分はそこをうまく考えて、スピード重視にして終わらせるのをゲーム感覚で楽しむしかないなって思うんだけど、プライベートでやりたくてやっていることにまでそれを持ち込むのってどうなんだろうっていう気持ちもある。

 

あとは、文章って確定していることを書くのもいいんだけど、それだとただの報告記になってしまうし、自分の中で結論が出ていることを相手に伝えるためだけに文章に落とし込むって相当面倒臭いと思う。

 

だから自分の中では、文章を書くっていうのは、考えることと同義なのだ。自分の頭で考えていることを、どんどん文字に書き起こしていくようなイメージ。それが自分にとって文章を書くということなのかもしれないって最近思い始めている。

 

構成とか考えてしっかり書く記事もあっていい、けどこのブログは雑記ブログなんだから、適当に考えていることをシェアして、他の人と色々意見を戦わせたいと思っているので(現状全く戦わせれてないけど)これから誤字脱字気にせず、というか書き終わりでノーチェックでアップするっていうスタイルを貫こうと思います。

 

逆に言えば、これでどんどん文章上手くなっていったら、ハイスペックなライターになれると思わないか。練りに練って作る文章も絶対重要だけど、タイミングとかポップな記事としての価値を高めることも全然可能だと思うぜ。

 

ということで、もう早速まとめに入っちゃうけど、今日最初に書こうとしていた結論は「適当に書いてもしょうがないから、昨日は毎日絶対1記事ここにあげますっていったけど、意味ないからやめます、ノリが良かった時には書いてあげます。でもサボりたいからじゃなくて、文章自体は色々ちゃんとした文章書きながらだけどね」みたいなことでした。

 

こうやって文字に起こすと、笑っちゃうぐらいただの言い訳ですが、でもその結論も今日書いているうちにひっくり返ったので、新しい結論を書きます。

 

「確かに適当に書いている文章のために時間を取るのはもったいないし、意味ないからやりたくないけど、自分にとって書くという行為自体が考える行為に繋がっていて、それが自分の脳を活性化させるだろうし、考えもまとまりやすくなるし、何よりもなんとなくモチベーションも高くなる気がするから、やったほうがいい気がする。そんで昨日も言ったけど、この程度の時間を他取られることでヒーヒー言ってるような奴は、絶対にライターにはなれないし、自分のなりたい人間になれるわけがない。だから毎日書くぐらいのことはしようぜ」

 

これです。びっくりするぐらい変わりましたね。でもそれでいいのです。考えて、考えて、効率の良い方を選ぼうとするのは大事ですが、結果今までそれであんまり上手く言っていないので、やり方変えて言ったほうが良いですよね。

 

ということで、明日からも頑張ってやっていこうと思います。結構本読み終わり増えてきてるので、書評ガンガン書いていかないとなあ。

 

あとは今日ちょっと実家で思いついたネタがあったので、ブログとして下書き書いてみたんですが、あんまり面白くないw これ喋ったら結構おもろいと思うねんけど、、やっぱ文章でさらに面白くするには練り込みが必要ですわ。ということでそれは練りこんで練りこんで、面白くなったら公開しようと思います。

 

あと動画ね!明日もとって、明日の夜に一旦編集始めるぐらいが理想。ちょっと頑張って、動画も作っていこうと思います。

 

現場からは以上です。

(1876文字)