読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dareyorimonetai

誰よりも寝たい

会社クビになったから、今後の人生の展開を考える。適当に生きるために。

今日は記念すべき日である。なぜか。会社をクビになったからだ。

 

会社をクビになったという表現は違うのか。クビを宣告されたっていうのが正しい表現かもしれない。とりあえず3月いっぱいでクビが確定した。

 

僕はずーっと自分で「会社を辞めたい、会社を辞めたい。」って言ってきた。このブログでだけだけど。ずっとそう言ってきた。このブログを始めたのは去年(2016年)の6月なんだけど、去年の4月とかに来年の3月で辞めようと考え、死にそうになりながら反吐のような愚痴を吐き出す場として作ったのである。

 

しかし逆にクビになってしまった。なんかあっさりクビになってしまった。まあ辞めたいって思ってる人間が会社に貢献できるわけがなく、向こうからしてもお荷物扱いであったのは間違いないんだろうけども。

 

しかしスパッとクビっていう話になって、しかもそれが自分が辞めようと思っていた時期と全く一緒のタイミングっていうのが、運命を感じるね。泣きたくなるね。

 

やっぱり仕事を辞める時ってさ、イメージとしては「こんな会社辞めてやる!」っていう感じでやめるわけで、向こうとしても「ええ、やめるなんて言わないでくれよ、もっと給料上げるからさ!辞めないでくれよ!」って言ってきて、一悶着あってやめるみたいな、そんなイメージだったわけ。

 

まさか向こうから「お前クビね」って言われるとは、ちょっと想定外でした。まあやめるって言いづらすぎて、だらだら続けてしまう恐れがあったから、スパッと気持ちよく辞めれそうだから、結果オーライなんだけど。

 

しかし、クビってなると、自分って会社にとって価値のない人間だったんだなって思わされる、非常に悲しい現実だなって、他人事のように思っています。

 

しかしまあ、ここは持ち前の楽観的観測で、後ぐされなく辞めれそうで良かったということにしましょう。きっと相手も厄介払いができて良かったでしょうし、人一人の面倒も見切れないような企業に用はねえ!(何様)

 

しかし、、、しかしだ。はっきり言おう。少し凹んでいる。これは別に自分から言いだしたとしてもそうだったと思うんだけど、やっぱり凹んでいる。俺4月から無職かー、仕事探さないといけないな。

 

しかし何をするか非常に迷うぞ。次に何をするかだ。エンジニアになりたいって自分で言い聞かせていたけど、この2年ぐらい何度もエンジニアになるって言ってなってないってことは、きっと根本的には興味がないんだと思います。

 

だから仕事としては、エンジニアでもなく、営業でもなく、技術職でもない形になるようなことでしょうか。まあ営業はどうやってても関わってくるって考えたら、とにかくIT系の会社に勤める感じではなくなるんだろうな。

 

とりあえずクビになった当日に、現状思い浮かんでいる次の職種みたいなものをピックアップしておきたいと思う。今後の自分の戦略みたいなものだ。もしかしたら、今日クビになった人がこのブログを読むかもしれないから(そんな奇跡あるか)今後の生き方として、一つの例として読んでみていただきたい。

 

まず自分は映画が好きだ。これは割と自分でも普段意識しないんだけど、他の人と比べると、明らかに映画を見ている。月に8本は見る。最近は本当に仕事が忙しかったからあれだけど、仕事が暇だった時は、月に15本ぐらいは見てたんじゃないか。

 

年に100本は余裕で見ていると思うんだけど、それって好きと言っていいと思う。だから映画業界はすごく興味あるんだけど。でも映画業界ってきっと人気なものだから、なかなか職が空いている訳ではないだろうし、人気職業ってことは、きっと薄給で労働環境は劣悪だろうけど(知らんけど)でも好きなことに関われているならいいんだろう。

 

でも会社で3~4年ぐらい働いて思うのだけれど、完全に100%楽しい仕事っていうのはなかなかないと思う。どんなに好きな仕事にもつまらないことはあるだろうし、嫌だなって思う作業はあるだろうし、投げ出したい時もあるだろう。

 

だから、そこは業界だけで決めるのではなく、自分がうまくフィットできるようなところに行かないといけないだろうな。

 

次に思いつくのは、本である。僕は本も大好きだ。本に関わって生きていきたい。読書こそ至高である。だから何かしら本に関わるような仕事もしたいなと思う。はっきりいって、本についての談義だったら無限にできる。一生できる。(言い過ぎ)

 

本好きな人とずっと本の話をしていたいな。それを仕事にしたいな。本をオススメして、そこから気に入った人が買ってくれる。それを営業と捉えて、販売分として何%かもらうっていうのはありだと思うな。(これがアフィリエイト

 

これ(アフィリエイト)に関していうと、これはいつでもできる。もう今からやればいいじゃんっていう話だ。問題があるとすれば、オススメしたい本っていうのは、10冊に1冊ぐらいしかなくて、そして最近は月に2冊とかしか読めてないから、年にオススメできる本が2~3冊して出てこないことだね。もっと本を読もうと思います。

 

その次でいうと、わかりやすいのはwebサイトのコンサルである。いわゆる前職である。なんなら現職である。

 

ホームページ作成だったり、webサイトへのアクセスアップだったり、fb広告の運用方法だったり、そう言ったwebに関するコンサルっていうのは可能である。今まで散々やってきたからだ。

 

そういう意味でいうと、売れそうな商品を持ってきて、勝手に自分で売って売り上げの何%かをもらうっていう方法はあるだろうな。これも究極でいうとアフィリエイトなんだけど。友達のネットショップを運用させてもらって、売上の数%をゲットするとか。そういう方法はあるかもしれない。

 

特に今はHPだって、ECサイトだって、簡単なものなら一日で作成可能だ。僕に任せてくれれば、とりあえず当日に立ち上げが可能であるし、さっさと立ち上げて当たったらラッキーぐらいの発想でもいいんじゃないかぐらいの話である。

 

100個ECサイトを立ち上げたら、一個ぐらいは当たるかもしれない。その一個狙いで言ってもいいかもしれない。宣伝方法も色々あるが、自動化botを作成すれば、全自動化してしまうことも可能である。

 

特にツイッターは有効かもしれない。フォロワーを増やすことは可能だし、ライクの自動化も可能である。そこから少しづつ丁寧に反応を抑えていけば、ある程度のビュー数を稼ぐことはできるのはないか。

 

昔ネットビジネスで、サイトアフィリっていうのが流行ったね。とりあえず何か専門分野に特化したサイトを作成して、そこに関連するアフィリを貼って、自動化させるみたいな。

 

これも現実的に行ったら可能だよな。ツイッターを自動化してしまってアクセスを集めるのと、ブログをアップすることでアクセスを稼ぐ。HPはペラいちか何かで作成して、アフィリエイトリンクを貼ってそっから飛んでもらう、っていうサイトを毎日作り続けることができれば、稼ぐのは可能かもしれない。

 

あー、仕事しないで勝手に金入ってくる状況にならないかなw(急に本音)

 

でもやっぱ金稼ぐのって、すぐ終わりにして、楽しく仕方がないことを仕事にするべきだと思うんだよな。そういう意味でいうと、俺はそういうマーケティングの戦略とは組むのは大好きだから、そこはサクッとクリアできるようになるべきだな。

 

たぶん毎日ブログを書くのってそこまで大変じゃないはず。そこを基礎にしてやっていくのはアリですね。あとはコンサルとかもいい、マーケとか、web媒体の利用方法とか、初心者の人が知りたいような内容なら、割としっかり教えられると思うんだよね。

 

そこに合わせて、何かイベントを企画して、集客して、それで金稼ぐっていうのもありかもしれない。正直それは手間の割に儲からないと思うんだけど、そのイベント自体が自分がやりたいことであれば、問題ないよね。それに、集客できるっていうのはかなりの価値になる。お店とか、飲み屋とか、人を呼びたい人っていうのは大量にいるわけで、人を呼べる人っていうのはそれだけで貴重な存在になる。

 

イベント毎週50人集めれるような存在になれば、お店と契約していくらかバックしてもらったり、イベント集客に困っている人に送客してあげてバックもらったり、色々方法としてはあると思うんだよね。結局ネットのインフルエンサーっていうのは、そういうことだからね。

 

影響のある人になることは重要。特に僕はお金持っている社長とか、そういう人と仲良くなるのは得意じゃないんだよね。個人のおじさんとか、先輩とかと仲良くなるのはあんまり得意じゃない。それよりは薄く広くの方がいい、そもそも覚えてられないから、ちょっと深い関係になった人とかっていうのは細いこと覚えてられなくて、なんだこいつってなる可能性大。だから薄く広くの関係性でリスクヘッジした方がいいな。

 

あとは、面白いことをずっと話していたいから、ラジオというか、コンテンツを発信する人にもなりたいんだよな。それは好きでやりたいことの一つかもしれない。でもyoutuberは無理。動画の編集ずっとやりたいって思ってたけど、無理だ。飽きるのが早すぎるから、動画一本分の編集まで、集中力が持たないと思う。

 

まあ時間ができたらやってみたいけど。

 

そうなると、ブログ、人集め、webのコンサル、ECサイト(アフィリ)が副業的な感じの第一歩だろうか。たぶんこれはあまりストレスなくできる部分ではあると思う。ブログも月10万pv、1日3000pv集めれるようになってきたら、きっと楽しくなってくるだろう。だって、このブログだって昔は普通の日は0~3、ブログを書いて日に10いくかどうかとかだったのに、今は一日について、ブログを書いても書かなくても13~20アクセスぐらいあるから、そりゃちょっと楽しくなってくるよね。

 

そうなると忙しくなってくるぞ。副業だらけだけど、確かにやりたいことばかりなのは間違いない。しかし、それらが軌道に乗るまでは何か仕事しないと厳しいだろうな。そもそもお金全然ないんだから。

 

本業をどうするか、結局どうしたらいいのかよくわからないけど、変なプライド捨てて、しかも最終的に金勝手に入ってくるようにやりたいぞってなったら、別にバイトとかでもいい気もするんだよな。塾講師とかやろうかな。でも学生相手にやっても関係性がなかなかできないからつまらないのかな。

 

だったら今後のイベントとかにも呼べるような人と会えるような、そんなスタイルの授業をやっていく方がいい。そうだ、俺割と英語できる方だから、そういう授業を展開するのもありかもしれないな。

 

あーというかブログのネタ的には、英語の勉強法って結構熱いから、そこトピック化していくのも良いかもしれない。

 

英語勉強法とかで調べて、そこ勝てそうだと思ったら、記事書いてトップ表示とか狙っていくのもありかもしれない。

 

なんとも取り止めのない話になってきたけど、結果最終目標は、社会人でバリバリ仕事するんではなくて、一日5時間ぐらい働いて、月30万ぐらい使える状態になれればいいんだよな。30×5=150時間、それで30万ってことは、時給2000円か。

 

そんな大変なことじゃないな。時給2000円ぐらいでのんびりやっていけばいいってことか。うーん、適当にやってもいけそうなんだよな。さすがに無理か。

 

とにかく、適当で生きていきたいんだから、真面目にやってもしょうがない。プライド捨てて、適当に生きていこう。そこで裏では小賢しくやっていこう。

 

ブログで50万pvで5万円。

アフィリエイトで5万円。

webコンサルで5万円。

集客で5万円。

 

とりあえずこれで達成できるではないか。イベント系では割と見えた。結構頑張らないとダメだけど、そのイベントをやるにしても、キャッシュポイントを用意しておくことが大切だ。何か売れるものがあれば、いつでも営業が可能になるから。

 

イベントやってるんだよねっていうのは、結構究極の受け皿で、人と楽しく遊びたい人ってたくさんいるから。新しい出会いの場を提供してあげるだけでいい。あとはコンテンツの受け皿。ブログを更新してるんだよねで、一度会ったことある人のブログって結構読んじゃうと思うんだよね。それがまあまあ面白ければ、結構読んでもらえるようになると思う。あとは商品、イベントと関連づけて、自分のキャラの商品を作成して、常にそこにキャッシュポイントを用意してあげる。イベントの参加者には、その衣装とか、バッジとか、帽子とか、服とか、バックとか、サンダルとか。そういう軽く買えちゃうもので、キャッシュポイントを作成しておくっていうのは、結構重要かもしれないなあ。

 

よし、これはなかなかいい戦略になりそうな気がする。自分なりに手に入れてきたものだから、きっと自分にはあっているし、展開も全然可能だ。よし、それいこう。イベント系で稼いでやる。

 

そしてブログでも稼いでやる。このブログを100万pvにするまで書き続けます。きちんとアクセスを狙ってやっていこう。

 

よし、無職なりに頑張るぞ。

 

現場からは以上です。